臨床工学技士による血液透析業務支援。透析効率や栄養、在宅血液透析など透析にかかわる様々なことを発信していきます。訪問看護の立ち上げもご相談ください。

CE Works Project

透析一般

2019/6/16

透析一般

腎移植について

腎移植を待っている患者さんがたくさんいます。私たちに出来ること、それは臓器提供の意思表示ではないですか?

2019/6/25

透析一般

透析室の感染対策について

透析室の感染対策、スタンダードプリコーションをもとにしっかり考えていきましょう。感染事故が起きてしまってからでは遅いです。病院単位で感染対策をもう一度見直してみませんか?

2019/3/23

透析一般

透析中の血圧変動について

透析中の血圧「低下」に関しては、循環血液量の減少などから、皆さんも経験していることだろうし、理解できるかなと思います。 ...

2019/6/24

透析一般

透析中アラーム~静脈圧警報~

透析中の警報対処~静脈圧警報~ アラーム対処は単調作業ですが、そこにはしっかり理論と結びつける必要があります。

2019/6/24

透析一般

VAをしっかり評価しよう

VA管理は確実な透析を行う上で非常に重要です。シャント不全は透析効率の低下を招き、放置すると様々な合併症を誘発することになります。
超音波エコーを用いることで、シャントの状態把握が容易に行えます。

2019/6/24

透析一般

BV計を活用しましょう

BV計は透析を安全に実施する上で非常にいいデバイスです。
安心安楽な透析を行うために、患者さん個々のBVを把握し、それぞれにあった除水方法を考えましょう。

2019/6/24

透析一般

透析における浸透圧の考え方

腹膜透析の原理は浸透圧による水の移動です。透析による除水は限外濾過による圧力差で水を移動させます。
膠質浸透圧の下がった低栄養患者のドライウェイト変更は慎重に。病状悪化を招く恐れがあります。

2019/6/23

透析一般

TMP (膜間圧力差)について

TMPを理解することで、透析中に何が起きているかの把握ができるようになります。
オンラインHDFにおいてはマストな考え方です。理解し、補液のコントロール能力を身につけましょう

Copyright© CE Works Project , 2019 All Rights Reserved.