臨床工学技士による血液透析業務支援。透析効率や栄養、在宅血液透析など透析にかかわる様々なことを発信していきます。訪問看護の立ち上げもご相談ください。

CE Works Project

透析効率

HDP (Hemo Dialysis Product)

更新日:

透析患者さんから回数減らしたり時間短くしてくれない?
よくこんな声が聞かれます。

また医療従事者側からも、管理がいいから時間短くしてもいいんじゃない?なんて言われることもあります。

そこでよく説明として使うのがHDPという透析指標。これはKt/vなどの一回の透析指標と違い、1週間の透析効率の指標です。

HDPとは?

1回の透析時間 × 週の透析回数 × 週の透析回数

 

HDPは70以上が望ましいとされています。

メモ

最近注目されている長時間透析や在宅透析は、HDPで評価するといいと思うよ!
長時間透析なら1回の透析効率は高くて当たりまえ。
短時間頻回透析に代表される在宅透析は、1回の透析効率なんて評価してもしょうがないです。

一般的な施設透析 
週3回4時間HDP = 4 × 3 × 3 = 36

長時間透析 
週3回6時間HDP = 6 × 3 × 3 = 54

オーバーナイト透析 
週3回8時間HDP = 8 × 3 × 3 = 72

頻回短時間在宅透析 
週6回2時間HDP = 2 × 6 × 6 = 72

隔日在宅血液透析 
週3.5回6時間HDP = 6 × 3.5 × 3.5 = 73.5

* 外来通院でHDP70以上を達成するには、1回当たりの透析時間を8時間超にしなければならず、現実的に難しい

* 在宅血液透析であれば回数に限度なく、また自分のライフスタイルに合わせて透析スケジュールが組めるため、HDP70以上を達成することが比較的容易

時間の短縮や透析回数を減らすことは、長期的に見て患者さんの生命予後を不良にすることは明らかです。

患者さんのみならず医療従事者側もそれをしっかり認識して透析医療を行っていく必要があるかと思います。

  • この記事を書いた人

koch

CE Worksのkochです。全国の透析患者のみなさんや医療従事者のみなさんに、誰が見ても理解できる内容に拘って情報をお届けできるよう努力しています。 また、在宅透析支援も行っています。在宅透析の導入~管理まで、支援する環境が整っておりますので、お話だけでもさせて頂ければ幸いです。

-透析効率
-, , ,

Copyright© CE Works Project , 2019 All Rights Reserved.