臨床工学技士による血液透析業務支援。透析効率や栄養、在宅血液透析など透析にかかわる様々なことを発信していきます。訪問看護の立ち上げもご相談ください。

CE Works Project

OnlineHDF

OnlineHDFとは?

更新日:

OnlineHDF 、患者さんにも大分認知されてきましたね。私のいる施設にも、OnlineHDFできますか?と病院を探している患者さんから連絡がきたりします。
OnlineHDFって聞くと「なんか良さそう」なんてイメージが先行している部分もあると思いますので、今回は基本のHD(血液透析)とOnlineHDF(血液透析濾過)の特徴を紹介していこうと思います。 各モードの使い分けなどは、書くことが多すぎるため、今後徐々に書いていこうと思います。

HDとは

HDとは、ダイアライザを介して血液と透析液を接触させ、拡散の原理で血液中の溶質を除去する方法。濃度差を利用した溶質移動のため、小分子の除去に優れている。
中分子以上の溶質の除去に関しては、膜面近傍での拡散能が下がるため、除去効率が低下する。

基本HD回路(回路によってはAチャンバ圧ライン (Pa)はありません

OnlineHDFとは

高度に清浄化した透析液を置換駅として、図のように透析液ラインから分岐させて補液させる方法。HDと比べ、中分子~低分子蛋白領域の物質の除去能力に優れている。 補液をする部分がAチャンバならばPre Online HDF(前希釈)、VチャンバならPost Online HDF(後希釈)と呼ばれます。
HDは濃度差による拡散で除去するため、除去量のコントロールはほとんどできませんが、OnlineHDFの場合は濾過で中分子~低分子蛋白領域を除去するため、補液を増やす=濾過量を増やすことで、除去量のコントロールも可能です。
また、I-HDF(間歇補充型HDF)という治療法もあります。通常のOnlineHDFは低分子蛋白領域の除去等が目的の治療となりますが、I-HDFは末梢循環の改善やプラズマリフィリングの促進等が目的の治療となります。

Pre Online HDF

Aチャンバに補液をするため、希釈された血液を濾過するため、血液濃縮が起こらないので血球成分への影響(ダメージ)が少ないと考えられている。
後希釈と違い、血流量の少ない患者さんにも実施できる。
血液の希釈による溶質濃度の低下があるため濃度勾配が下がり、小分子の除去率は低下してしまう。

Post Online HDF

Vチャンバに補液をする方法。希釈されていない血液に一気に濾過をかけるため、高血流の患者さんじゃないと実施が難しい。
希釈されていないがゆえに溶質濃度の低下が起きず、小分子の拡散能が落ちない。

Online HDF回路

I-HDF

ヘモダイアフィルターの透析液側から血液側へ、逆濾過を用いて補液をする方法。膜の洗い流し効果(経時劣化抑制)効果や、末梢循環改善効果、プラズマリフィリングの促進などの効果が期待される。
専用の補液回路なしで、補液に使う透析液も少なくすんで、OnlineHDFの算定が取れる。汚い話にはなりますが、コスト的には一番おいしいです。
しかし、物質除去の面から言ったらI-HDFは物足りないと言わざるを得ません。

I-HDF回路(東レフロー)

まとめ

今回は簡単に特徴を説明しました。
HD・OnlineHDF(Pre・Post)・I-HDF 各々ターゲットになるものが違うということだけ覚えておいてください。
OnlineHDFは奥の深い治療法です。詳しい使い分けなどを今後紹介していこうと思います。

  • この記事を書いた人

koch

CE Worksのkochです。全国の透析患者のみなさんや医療従事者のみなさんに、誰が見ても理解できる内容に拘って情報をお届けできるよう努力しています。 また、在宅透析支援も行っています。在宅透析の導入~管理まで、支援する環境が整っておりますので、お話だけでもさせて頂ければ幸いです。

-OnlineHDF
-, , ,

Copyright© CE Works Project , 2019 All Rights Reserved.